文化経済学入門 - デイヴィッド・スロスビー

文化経済学入門 デイヴィッド スロスビー

Add: maves60 - Date: 2020-11-20 10:11:38 - Views: 7370 - Clicks: 6304

文化政策の経済学 フォーマット: 図書 責任表示: デイヴィッド・スロスビー著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房,. Amazonでデイヴィッド スロスビー, Throsby, David, 武雄, 中谷, 和子, 後藤の文化経済学入門―創造性の探究から都市再生まで。. 文化政策の経済学 / デイヴィッド・スロスビー著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ブンカ セイサク ノ ケイザイガク 言語: 日本語 出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房,.

ブンカ セイサク ノ ケイザイガク. デヴィッド・ スロスビー著、中谷武雄・後藤和子監訳『文化経済学入門:創造性の探求から都市再生まで』日本経済新聞社、年。 Towse, Ruth, ed. デイヴィッド・スロスビー 中谷武雄・後藤和子監訳『文化 経済学入門』日本経済新聞社 年 国連貿易開発会議 明石芳彦・中本悟・小長谷一之・久末弥 生訳『クリエイティブ経済』ナカニシヤ出版 年. スロスビー,デイヴィッドスロスビー,デイヴィッド Throsby,David 1939年生まれ。 シドニー大学にて学士号・修士号(いずれも農学)を取得したのち、イギリスに渡りLSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス)でPh.D(経済学)を取得。. 文化経済学入門 - 創造性の探究から都市再生まで - デイヴィッド・スロスビー - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!.

「文化」と「経済」。今まで相反するものと思われがちだった両者の関係を捉え直し、これからの企業や非営利組織のあり方、政府や自治体の経済・文化政策のあり方を研究する新しい知の潮流―それが文化経済学である。本書は、価値の理論という基礎的な領域から筆を起こし、経済発展に. 1 スロスビーの文化経済学とエピグラフ 市民大学院の年度後期の文化経済学の講義では、デイヴィッド・スロスビー『文化政策の経済学』(後藤和子・阪本崇監訳、ミネルヴァ書房、年。Throsby, David, The Economics of Cultural Policy, Cambridge University Press, Cambridge, )を教科書として採用した. デイヴィッド・スロスビー(オーストラリア/マコーリー大学教授) 「創造的社会における文化財、文化遺産の継承と発展」 林 相五 (韓国/尚志大学教授) 「文化産業と地域発展」 後藤 和子(日本/埼玉大学経済学部助教授). デイヴィッド スロスビー『文化経済学入門―創造性の探究から都市再生まで』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約6件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. デイヴィッド・スロスビー『文化経済学入門―創造性の探求から都市再生まで』中谷武雄、 後藤和子監訳、日本経済新聞社、 年、179 頁。 5. デイヴィッド・スロスビー著、中谷武雄・後藤和子監訳『文化経済学入門』日本経済新聞社、年 デイヴィッド・スロスビー著、後藤和子・阪本崇監訳『文化政策の経済学』ミネルヴァ書房、年. Amazonでデイヴィッド スロスビー, Throsby, David, 和子, 後藤, 崇, 阪本の文化政策の経済学。アマゾンならポイント還元本が多数。デイヴィッド スロスビー, Throsby, David, 和子, 後藤, 崇, 阪本作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

日本経済新聞社,. デイヴィッド スロスビー『文化政策の経済学』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ブンカ ケイザイガク ニュウモン : ソウゾウセイ ノ タンキュウ カラ トシ サイ.

デヴィッド・スロスビー著、中谷武雄・後藤和子監訳『文化経済学入門:創造性の探求から都市再生まで』日本経済新聞社、 年。 Towse, Ruth ed. The economics of cultural policy. 政策学,文化経済学,文化経営学などの分野で 多面的な研究が行われつつあるが,法制度に関 する論考は台湾でも極めて限定的である。本稿 では,経済学の視点から文化政策の史的経緯を 分析したデイヴィッド・スロスビーの知見を基. 文化経済学入門 : 創造性の探究から都市再生まで.

同上、43 頁。 4. 文化政策の経済学 - デイヴィッド・スロスビー/著 後藤和子/監訳 阪本崇/監訳 - 文化経済学入門 - デイヴィッド・スロスビー 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。 Economics and culture. 文化政策の経済学 フォーマット: 図書 責任表示: デイヴィッド・スロスビー著 出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房,. デヴィッド・スロスビー(David Throsby、1939年-)は、オーストラリアの経済学者であり、特に文化経済学者としてよく知られている。 現在シドニーのマコーリー大学経済学部教授を務めている。博士号は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで取得した。. 文化政策の経済学 / デイヴィッド・スロスビー著 Format: Book Reading of Title: ブンカ セイサク ノ ケイザイガク Language: Japanese Published: 京都 : ミネルヴァ書房,. Knowledge Worker:【文化芸術立国・日本】-「Knowledge Worker(ナレッジワーカー)」は丸善雄松堂株式会社が運営する、法人向け書籍販売サービスです。.

, A Handbook of Cultural Economics, Edward Elgar,. デイヴィッド・スロスビー 略歴 〈デイヴィッド・スロスビー〉1939年生まれ。LSEでPh.D(経済学)を取得。マコーリー大学経済学部教授。オーストラリア社会科学アカデミーのフェロー(特別会員)。著書に「文化経済学入門」など。. 9 Description: xvi, 303p ; 22cm Authors:. 文化政策の経済学 - デイヴィッド・スロスビー - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. (注5)デイヴィッド・スロスビー著、 掲書P入門」(日本経済新聞社)前中谷武雄・後藤和子監訳「文化経済学 81 (注6)スロスビー前掲書P 80 (注7)スロスビー前掲書P 98 1 はじめに 2 自治体文化資本とは何か. デイヴィッド・スロスビー 略歴 〈デイヴィッド・スロスビー〉1939年生まれ。LSEで経済学博士号を取得。マコーリー大学経済・財政学部教授。文化経済学の第一人者。オーストラリア社会科学アカデミー会員等。. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 本書は、ベストセラーとなった『文化経済学入門』の続編として書かれたものである。. デイヴィッド・スロスビー著 ; 中谷武雄, 後藤和子監訳.

【tsutaya オンラインショッピング】文化政策の経済学/デイヴィッド・スロスビー tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. A Handbook of Cultural Economics, Edward Elgar,. ミネルヴァ書房,.

Webcat Plus: 文化経済学入門, 「文化」と「経済」。今まで相反するものと思われがちだった両者の関係を捉え直し、これからの企業や非営利組織のあり方、政府や自治体の経済・文化政策のあり方を研究する新しい知の潮流-それが文化経済学である。. 文化政策の経済学 - デイヴィッド・スロスビーのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. デヴィッド・スロスビー(David Throsby、1939年-)は、オーストラリアの経済学者であり、特に文化経済学者としてよく知られている。 現在シドニーのマコーリー大学経済学部教授を務めている。博士号は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで取得した. それを無理やり結びつけるのは乱暴すぎる、と文化経済学者の方からお叱りを受けるかもしれません。したがいまして、あくまで私論です。 参考文献 デイヴィッド・スロスビー著,中谷武雄・後藤和子監訳『文化経済学入門』日本経済新聞社,年。.

文化経済学入門 - デイヴィッド・スロスビー

email: itopytap@gmail.com - phone:(854) 743-1851 x 1192

ファンタジーランド - 渋谷ミユキ - 盲目の花嫁

-> 会社の業績を10倍にする番頭さんの仕事のルール - 奥野倫充
-> 私たちはどこまで資本主義に従うのか - ヘンリー・ミンツバーグ

文化経済学入門 - デイヴィッド・スロスビー - 坂本幸四郎 涙の谷を過ぎるとも


Sitemap 1

反対をうけるしるし - ヨハネス・パウロ 二世 - 宮本松江 その人生 宮本松江